本文へスキップ

ライオンズクラブ国際協会333-B地区1R2Z 葛生ライオンズクラブ

電話でのお問い合わせはTEL.0283-55-0070

〒327-0507 栃木県佐野市葛生西2-1-28

ご案内guidance

ライオンズクラブという奉仕クラブを結成し、認証状を交付し、監督する。
各ライオンズクラブの事業を統制し、運営を標準化する。
世界の人びとの間に相互理解の精神をつちかい発展させる。
よい施政とよい公民の原則を高揚する。
地域社会の生活、文化、福祉及び公徳心の向上に積極的関心を示す。
友情、親善、相互理解のきずなによってクラブ間の融和をはかる。
一般に関心のあるすべての問題を自由に討論出来る場を設ける。ただし、政党、宗派の問題をクラブ会員は討論してはならない。
奉仕の心を持つ人びとが個人の経済的報酬なしに社会に奉仕するようはげまし、また、商業、工業、専門職業、公共事業及び個人事業の能率化をはかり、道徳的水準をさらに高める。


ライオンズクラブ国際協会ホームページはこちら



地域社会と人道奉仕におけるグローバル・リーダーを目指す



職業に対する不断の努力が正しく賞賛されるように心がけ、自己の職業の尊さを確信すること。
事業を成功させて、適正な報酬や利益は受けるべきであるが、自己の立場を不当に利用したり、人に疑われる行いをして自尊心を傷つけてまでも利益や成功を求めないこと。
事業を遂行するにあたっては、他人の事業を妨害しないように心がけ、顧客や取引先に誠実であり、自己にも忠実であること。
世人に対する自己の立場や行いに疑いが生じたときは、世人の立場に立って解決にあたること。
真の友情は損得の上に築かれるものでなく、心と心のふれ合いによるものであることを自覚し、手段としてではなく目的として友情をもつこと。
国家及び地域社会に対する公民の義務を忘れず、かわらぬ忠誠を言動にあらわし、すすんで時間と労力と資力をささげること。
不幸な人には同情を、弱い人には助力を、貧しい人には私財を惜しまないこと。
批評は謙虚に、賞賛は惜しみなく、建設を旨として破壊をさけること。




ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを満たし、平和と国際理解を育む



1960年2月メルビン・ジョーンズの創立者としての権威ある書簡によれば「ライオンズ」名称の由来は次のとおりである。

先日ライオンズという名称の由来についてご照会を頂きましたので下記のとおりお答えします。
当時、シカゴの実業界の一員であった私は、実業界の面々が結束してクラブをつくり、自分たちよりも不幸な人々を援助することはできないものか、と考えたのです。あちらこちらと奔走した結果、1917年6月7日、シカゴ市のホテル・ラサールで最初の集会が持たれて、我々の協会が創立されたのです。
「ライオンズ」という名称は、動物のライオンによって象徴される意味において私が選んだものです。
一般に想像されるライオンの資質---勇猛と怯懦、賢明と愚鈍、善意と悪意などのいずれであるか---については、人々の意見もまちまちでしょうが、ライオンを一つの象徴としてみるならば、それは「徳行」を具現するものと申せましょう。
この名称は、出たら目につけたものではありませんし、またこじつけた新語でもありません。
紀元前2200年の昔から、ライオンは、すべてよきものの象徴でした。それゆえにこの名を選んだのです。
勇気、強い力、活動力と誠実という四つのすぐれた資質のために、この名称が選ばれたのです。特に誠実はライオンズ会員にとって特別に深い意味を持つものです。ライオンは古今を通じ、どこの国でも誠実さの象徴とされています。それは友人に対し、自己の職務に対し、また、自己の属する団体に対して誠実であることを意味します。

一方、協会名を変えようという運動が発足後2年間続けられた。改称論者は、第一次大戦で勇名をはせた陸軍部隊「レインボー」や、創立クラブの一部にあった「ポーテックス」の名を主張した。そんな時、1919年、シカゴにおける第3回大会の初日の昼食会において、ハルステット・リッターというデンバーの若い弁護士が、「ライオニズムの力」と題してスピーチを行った。彼はライオンズの名に触れ、次のように述べた。「これは、我々が常に賞揚してやまない資質---友愛、親善、個性、意志---のすべてを備える百獣の王の名と同じであるばかりでなく、我々市民としての真の意義と基盤を表すものと私は確信します。すなわち,
 L (Liberty) I (Intelligence) O (Our) N (Nation's) S (Safety)
であります。皆さん、これをバナーに記し、心に刻みこみ、万人を魅了するに違いないこの文字を高らかに掲げようではありませんか」話が終わったとき、ライオンズの名称は確固となった。後年、この文字の組み合わせは協会のスローガンとして採択された




(1)マークの意味
会員とクラブが、ともに一つになって進むことを意味する。円の中にある大きなLは、法(Law)、自由(Liberty)、労働(Labor)、忠誠(Loyalty)、愛(Love)、生命(Life)、ライオン(Lion)、を象徴するものである。




ライオンの顔は2方向を向いているが、これは非利己的な奉仕をあらゆる方向に向かって行うことを意味し、かつ、1頭は過去の輝かしいライオンズの歴史を見守っており、他の1頭は前途遼遠たるライオンズの未来を見つめている。

(2)色=紫と金色
ライオンズクラブにおいては、紫は、国家、友人および自己、さらに自己の良心に忠実であることを意味し、金色は、清廉な生き方、真摯な志、偏らない判断、寛大な心をもって人に接し、物心両面の援助を惜しまないことを意味している。そして、この紫と金色の配色は、協力と陶冶、啓蒙と呼応および更新を象徴している。

(3)名称とマークに関する国際理事会方針
国際協会からの書簡(1992年9月)
各地区および各クラブには、日常の運営において、「ライオンズ」の名称および紋章、その他のライオンズ・マークを使用したい、ということが多々あるでしょう。国際協会がその義務を果たしていけるよう、また地区およびクラブが紋章の登録商標所有者としてその恩恵を受けられるよう、ライオンズ名称、紋章、運営権に関する国際理事会方針を、ここにお知らせ申し上げます。
理事会方針で認可される使用権のほかに、便箋、会報、葉書、その他運営に必要な印刷物に「ライオンズ」の名称および公式紋章を印刷する権限を、ここに地区およびクラブに認可いたします。ただし、この印刷物とは、国際本部のクラブ用品部を通して入手できない品物に限ります。この認可は、上記印刷物に限って適用され、本会計年度中のみ有効です。理事会方針により、上記以外の品物や、その他の事業または活動に関連して紋章を使いたい場合には、国際本部のクラブ用品部または国際理事会から正式に許可を得なければなりません。
この許可が与えられる条件として、印刷業者が協会の紋章を印刷するに当たり、地区およびクラブは業者の紋章使用に対する全責任を負わなければなりません。地区およびクラブは、印刷業者が使う写真、ネガ、プレート、アートワーク、その他一切の所有権および管理権を保持し、協会の紋章および「ライオンズ」の名称を使うことは、許可があった場合にのみ許され、さらに地区またはクラブの印刷物にのみ使えることを、印刷業者に理解してもらわなければなりません。印刷業者との取り引きが終了した際には、写真、ネガ、アートワークその他をすべて、地区またはクラブに返してもらわなければなりません。紋章に関する方針を尊重し、許可された枠内で慎重に行動して頂くことにより、商標登録法の下に課せられている義務を、国際協会は果たしていけるのです。この件に関するご協力を、よろしくお願い申し上げます。

ライオンズ紋章、ライオネス紋章、レオ紋章、諸マーク("LIONS"、"LIONS CLUB"、"LIONS INTERNATIONAL"、"LIONS CLUBSINTERNATIONAL"、"LIONESS"、"LEO")の使用について

ライオンズクラブ国際協会およびその傘下の各クラブを法律的に保護するため、国際協会の名称、紋章(およびその変形)は世界各国で商標登録を受けています。このように保護された権利の所有者である国際協会には、権利の侵害を警戒し、それが不法に使用された場合に生ずるであろう損害のおそれを未然に防止し、かつ、これに備えるために必要なすべてのことを行うという相応の法的責任があります。
この法的責任の遂行として、国際協会は法務部長を通じて、国際協会の名称、紋章、ライオネス紋章、レオ紋章、諸マーク("Lions"、"Lions Club"、"Lions International"または"Lions Clubs International"、"Lioness"、"Leo")のいかなる不法な使用に対しても、即時これを中止することを求めます。さらに、国際協会は次のような政策規定を設けました。
(a)国際協会の名称または紋章、ライオネス紋章、レオ紋章、諸マーク("Lions"、"Lions Club"、"Lions International"または"Lions Clubs International"、"Lioness"、"Leo")入りのいかなる用品も、法務部長またはクラブ用品部の明白な許可書がある場合を除いては、ライオンズの会員またはクラブまたは地区または一般の人々に対して販売または配布してはなりません。
(b)いかなるライオンズの会員、クラブまたは地区も、基金あつめのために会員または一般の人々に販売される物品に、国際協会の紋章、ライオネス紋章、レオ紋章を使用することはできません。基金あつめのためには"Lions Club Fund RaisingActivity"と印刷された特別なシールが作られており、法務部長の許可書がある場合にのみ使うことができます。
(c)いかなる製造業者、印刷業者、プロデューサー、プロモーター、出版業者、企業家または企業も、営利目的であると非営利目的であるとを問わず、国際協会の名称、商標、サービスマーク、紋章、シール、記章、諸マーク("Lions"、"Lions Club"、"Lions International"または"Lions Clubs International"、"Lioness"、"Leo")を、国際理事会または法務部長またはクラブ用品部の許可書がある場合を除いては、いかなる方法においても使用することはできません。
(d)いかなるライオンズの地区またはクラブ内のグループも、国際理事会の明白な許可書がある場合を除いては、国際協会の名称または紋章、ライオネス紋章、レオ紋章、諸マーク("Lions"、"Lions Club"、"Lions International"または"Lions ClubsInternational"、"Lioness"、"Leo")を、地区またはグループのいかなる事業に関連しても使用することはできません。この許可を得るには、当該事業が(いかなる法的形式をとるにせよ)、クラブまたは地区または共同参加の各地区によってコントロールされ、クラブまたは会員の参加が厳格に自由意志によることを旨とし、会費その他の形で、その事業に金銭的寄付を要求されることが全くないことが必要です。

(4)日本においては、1981年3月から「ライオンズ紋章付用品供給の公認指定業者制度」を採用し、各地区、各クラブは、「襟章」、「アワード・メダル類」、「ライオン帽」、「公式諸フォーム」などの基本的用品を除き、ライオンズ紋章付用品を「公認指定業者」からも購入できる道を講じている。

(5)襟 章(ラペル・ピン)
俗に『ライオン・バッジ』といわれる襟章は、国際協会発行の公式クラブ用品カタログの1ページに記載されているが、サイズの大小にかかわらず、すべて正章と見なされる。以下、襟章の全種類(一般会員用、クラブ役員用および地区役員用など)について説明したい。

イ.一般会員用
一般会員用には、新会員用およびチャーター・メンバー用があり、新会員用にはレギュラーサイズ(15ミリ程度)のものに、金張り(GF)、金メッキ(GP)および10金にダイヤ・パール入り(ジュエルドスタイル)とがある。また、このほかに、ミニチュアサイズ(8ミリ程度)の金張り(GF)とホワイトゴールド張り、10金製(10K)およびダイヤ入りの4種類、さらに中型サイズ(12ミリ程度)の金メッキ(GP)、極小型(6ミリ程度)の金メッキ(GP)のものがあり、これらのうち、いずれか(主として15ミリ程度のもの)が新会員としてクラブに入会するときにクラブ会長から贈られる。
チャーター・メンバー用には金メッキ(GP)のもので大小の2種類がある[大きいもの/レギュラーサイズ(15ミリ程度)、小さいもの/ミニチュアサイズ(8ミリ程度)]。新クラブのチャーターメンバーには、レギュラーサイズのものが国際協会から贈られる。これらの襟章は、会員が希望する場合、クラブ幹事を通じて日本事務所から求めることができる。

ロ.クラブ役員用襟章
クラブ役員用のパネル付き襟章は、会長、幹事、会計、副会長、ライオン・テーマー、テール・ツイスターおよび理事用の現またはPAST(前、元)の14役職のものがある。サイズは、レギュラーサイズ(15ミリ程度)および中型(12ミリ程度)があり、レギュラーサイズには、金張り(GF)、10金(10K)、ジュエルドスタイル(L字にパール、ライオンの口にダイヤ入り)、デラックススタイル(L字およびライオンの口にダイヤ入り)の4種類があり、中型には金張りのみがある。
副の付く役職は副会長だけがあり、副幹事、副会計などの襟章は用意されていない。

ハ.地区役員用襟章
地区役員用襟章は、紋章の下に役職名入りのタブが固着したデザインで、地区ガバナー、副地区ガバナー、キャビネット幹事、キャビネット会計、リジョン・チェアマン用およびゾーン・チェアマン用がある。
1地区につき、地区ガバナー、副地区ガバナー、キャビネット幹事、キャビネット会計用各1個、リジョン・チェアマン用はリジョンの数だけ、ゾーン・チェアマン用はゾーンの数だけ金メッキ(GP)の襟章が、また一部の委員長には地区委員長タブが、国際協会から無償で交付される。
これら金メッキ(GP)のほかに金張り(GF)、金張りのジュエルドスタイル(L字にパール、ライオンの口にダイヤ入り)、10金のジュエルドスタイル(同じくL字にパール、ライオンの口にダイヤ入り)の3種の襟章が用品部で用意されており、紛失や破損に備えての補充用、または退任後の着用のため『PAST(前、元)』役職名入りのものがある。
以上の襟章は、地区役員用の金メッキ(GP)襟章を除いては、国際協会日本事務所に常時準備されている。

ニ.地区副役員用襟章
2000年7月より、本部から無償交付される襟章は年度が入らなくなり、従来、副が有償で購入しているもの(年度が入っていない)と全く同じものとなり、正と副との区別がつかないため、副役員にはアシスタントタブ(BJ9)を付けて区別を明確にするよう制定された。副の役職用として襟章を購入の際は、必ずアシスタントタブも購入の上着用のこと。




ライオンズクラ



 〒327-0507
 栃木県佐野市葛生西2-1-28
 (有)塩田石材店 内
 
 TEL 0283-55-0070
 FAX 0283-85-2609

 mail: info@kuzuulc.com




 〒327-0507
 栃木県佐野市葛生西1-1-11
 若葉

 TEL 0283-85-2156
 例会日 毎月第一、第三水曜日




 姉妹提携クラブを募集しています。






ライオンズクラブ国際協会

333-B地区
(栃木県)


333複合地区ガバナー協議会
(新潟県・栃木県・千葉県
群馬県・茨城県)


複合地区ガバナー協議会
議長連絡会議

(330〜337複合地区)