本文へスキップ

ライオンズクラブ国際協会333-B地区1R2Z 葛生ライオンズクラブ

電話でのお問い合わせはTEL.0283-55-0070

〒327-0507 栃木県佐野市葛生西2-1-28

役員紹介officer

   2018年10月1日


第45代会長 萱原 元

 会長挨拶
 2018年〜2019年度 会長スローガン
  「Service connect ~繋ぐ奉仕~」
       第45代会長 萱原 元


幹事 田所 精司



会計 関口 一夫


クラブ役員必携はこちら
葛生ライオンズクラブ 慶弔規程はこちら
 
テール・ツイスターは、適切な余興やゲームを行い、会員にファインを上手に課すことによって会合の調和、友好、活気を促進する。テール・ツイスターによるファインを課す決定はいかなる規制をも受けない。ただし、ファインはクラブ理事会の定める額を超えてはならず、いかなる会員も一回の会合で2回を超えてファインが課されることがあってはならない。出席会員全員の賛成が無い限り、テール・ツイスターにファインを課すことはできない。
テール・ツイスターによって集められた金額は全額直ちに会計に引き渡され、領収書が発行されるものとする。

 
ライオン・テーマーは、クラブ旗、バナー、ゴング、槌、歌集、会報を含め、財産及び備品の管理責任を持つ。それらの品々を各会合の前に適切な場所に配置し、会合後には所定の保管場所に返還する。会合中には会場の秩序を維持し、出席者が正しい順で着席していることを確認し、クラブ及び理事会の会合に必要な会報、記念品、印刷物を配布する。新会員がクラブに歓迎され、会合のたびに異なるグループと同席することで、クラブに溶け込めるよう配慮する。

現在の葛生ライオンズクラブの備品はこちら
 
ほとんどのクラブが、予算制度を使って財務運営を行う。これは、特定期間のクラブの収入と支出を出来るだけ正確に予期し、それに基づいて予算を作成する方法である。経費支出の際の指針として、予算を利用するべきである。
クラブは会計年度のために、(1) 運営予算と (2) 事業予算の2 種類の予算を設けるべきである。運営予算はクラブ運営に資金を出し、その収入は主にクラブ会費から集まる。事業予算は、クラブの活動及び事業に資金を出す。その収入は、クラブが地域社会内で行う特別な資金獲得事業から来るべきである。クラブの資金獲得事業から得た収入は、クラブが独自の目的のために使用することを広報した場合にも、クラブ運営費用を賄うために使用することはできない。しかし、クラブは資金獲得事業の直接経費を、集まった資金から差し引くことは出来る。
 
会員の出席状態を観察し、メークアップの規則を設け、会員が出席の義務を果たしている事を確認するのは、クラブ役員の責任である。12 ヶ月間かそれ以上定例の例会に出席し、例会に出られなかった場合にはクラブの方針に従ってメークアップをした会員のためには、クラブ用品カタログを通して皆勤賞が用意されている。この期間をいつ始めても構わない。

出席表はこちら
 
会員資格: 善良な特性の持ち主で、地域社会において声望のある成人は誰でも、クラブに入会する事が出来る。ただし招請によってのみ、入会出来る。新会員招請及び申請書(ME6B)を用いて、会員候補者がクラブに推薦される。退会した会員は、理事会の過半数の投票により、12 ヶ月以内に再入会する事が出来る。退会後12 ヶ月以上経過した場合には、新会員としてクラブに入会しなければならない。

 入会申込用紙はこちら

「会員申請書」はこちら

「新会員入会式資料」はこちら

「会員オリエンテーション・ガイド」はこちら

「スポンサーのすることの重要性」はこちら
 

過去のPR誌はこちら
 


 


 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
理事会のメンバーは、会長、前会長、副会長、幹事、会計、ライオン・テーマー(任意)、テール・ツイスター(任意)、会員理事の他、指名されている場合には支部コーディネーター、およびその他の選出理事全員である。
理事会の義務と権限は下記の通りである。
(1) 理事会はクラブの執行機関であり、クラブが承認した方針をクラブ役員を通じて実施する責任を持つ。クラブに係わる新規の事項及び方針はすべて、クラブの定例または臨時会議への提出を経てクラブ会員の承認を得る前に、まず理事会において検討され、意見の統一がなされるものとする。
(2) 理事会は一切の支出を統制し、クラブの現在の収入を上回る債務は一切発生させてはならず、クラブ会員が承認した事項及び方針に反する目的のためにクラブ資金の払い出しを認めてはならない。
(3) 理事会には、いずれのクラブ役員の言動をも修正し、無効とし、撤回出来る権限がある。
(4) 理事会は、クラブの帳簿、口座及び運営報告書が年一回、あるいは理事会の判断に基づきより高い頻度で確実に監査されるようにし、クラブのすべての役員、委員会または会員によるクラブ資金の取り扱いについては、その究明を要請するか監査を行うことが出来る。グッドスタンディングにあるクラブ会員は誰でも、要請すれば相応の時間と場所において監査または会計報告の検査を行うことが出来る。
(5) 理事会は、財務委員会の推薦に基づき、クラブ資金の預金先として単一もしくは複数の銀行を指定する。
(6) 理事会は、いかなるクラブ役員に対しても保証金(保険)の供託を要請することが出来る。
(7) 理事会は、一般市民からの献金を募るクラブの事業や活動から得られた純益を、いかなる経費にも充当することを認めず、また許可もしない。理事会は、新規の事項及び方針のすべてを適切な常設もしくは特別委員会に提出し、その検討及び理事会への勧告を要請するものとする。
(8) 理事会は、クラブ会員の承認を得ることを条件に、代議員及び補欠代議員を地区(単一、準または複合)大会ならびに国際大会のために任命することが出来る。
(9) 理事会は、一般会計原則に準拠する資金科目を少なくとも二つ別個に管理しなければならない。一つは、会費、テール・ツイスターにより課されたファイン、その他クラブ内で取得された資金など、クラブ運営に係わる金銭の受け皿となる資金科目である。もう一つの資金科目は、一般市民への支援要請を通じて調達された、奉仕活動や公共福祉に係わる金銭の受け皿として設定されるものであり、その支出には上記(7)が徹底して遵守されなければならない。
 






ライオンズクラ



 〒327-0507
 栃木県佐野市葛生西2-1-28
 (有)塩田石材店 内
 
 TEL 0283-55-0070
 FAX 0283-85-2609

 mail: info@kuzuulc.com



 〒327-0507
 栃木県佐野市葛生西1-1-11
 若葉

 TEL 0283-85-2156
 例会日 毎月第一、第三水曜日




 姉妹提携クラブを募集しています。






ライオンズクラブ国際協会

333-B地区
(栃木県)


333複合地区ガバナー協議会
(新潟県・栃木県・千葉県
群馬県・茨城県)


複合地区ガバナー協議会
議長連絡会議

(330〜337複合地区)